メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/4止 アベノミクスで成長重視 官邸主導で内閣府機能強化 巨大事業チェック不全

 <科学の森>

 「アベノミクスの最終目標は、日本を世界で最もイノベーティブな国にすることだ」。6月29日、東京・六本木の政策研究大学院大。大学改革がテーマのシンポジウムに、中西宏明・経団連会長、山極寿一・日本学術会議会長、政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI=システィ)の橋本和仁議員ら、学術界や産業界のトップが一堂に会した。口火を切ったのは甘利明・元経済再生担当相だった。

 「甘利大臣がこのプロジェクト(大学改革)の目的を私どもに再確認させた」(神田真人・財務省主計局次長)。「大臣のご指導を得て大学改革をやることになった」(赤石浩一・内閣審議官)。甘利氏は2年以上も前に経済再生担当相を辞していたにもかかわらず、登壇者は「大臣」の呼称も使いながら計21回も甘利氏に言及した。出席したある大学関係者は「異様な感じがした」と漏らした。

この記事は有料記事です。

残り2454文字(全文2827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです