メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4Kテレビ

チューナー出遅れ 対応テレビ発売から7年 12月放送開始、視聴できないかも

4Kや8Kに対応するテレビが並ぶ家電量販店の売り場=大阪市北区で2018年8月9日、加藤美穂子撮影

 映像がきめ細かな4K・8Kの実用放送が始まる12月1日まで100日余りとなった。今年1~6月に売れた薄型テレビのうち4K対応は4割近くを占めたが、4K放送の視聴に必要な別売りチューナーの発売は10月にずれ込んでいる。原因は規格の決定が遅れたためで、利用者の誤解を招きやすい状況になっている。【加藤美穂子】

 「チューナーが無いと放送を見られないとは知らなかった」。ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)のテレビ売り場で品定めをしていた兵庫県尼崎市の男性(64)は、記者の問い掛けに驚いた様子だった。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです