メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男暗殺

公判継続を決定 検察立件「妥当」高裁判断

 【クアラルンプール武内彩】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が昨年2月にマレーシアで暗殺された事件で、殺人罪に問われている女2人の公判が16日、クアラルンプール近郊の高等裁判所で開かれた。裁判所は、検察側による立証結果が妥当だと判断し、公判継続を決めた。2人の弁護団は今年11月から来年2月にかけて反証作業に入り、その後、判決が言い渡される。

 裁判所は北朝鮮の指示役4人について繰り返し言及しながらも「(北朝鮮による)政治的な暗殺である可能性…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです