特殊詐欺

現金を「家のポストに」指示 受け子が外国人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
家のポストに現金などを入れるよう指示する特殊詐欺の流れ
家のポストに現金などを入れるよう指示する特殊詐欺の流れ

 高齢者らからキャッシュカードや現金をだまし取る特殊詐欺のグループが、現金などを「家のポストに入れておいて」と指示するケースが増加傾向にある。現金の受け取り役(受け子)が被害者と顔を合わせるのを避けるためとみられるが、その理由は外国人の受け子が現れ始めたからだという。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 6月、東京都あきる野市の70代女性のもとに、おいを名乗る男から「株で名義を貸したらだまされた。損失を穴埋めしないといけない」と電話があった。トラブル解決のため手続きしているという「会計士」や「警察官」という人物からも立て続けに電話があり、最終的に「会計士の部下」だという男が自宅に200万円を受け取りに来ることになった。

 従来の手口では、男が直接、女性から現金を受け取るところだが、今回の詐欺グループは違った。「会計士が警察に目をつけられている。接触しているところを見られないよう、現金は車の下に隠して」と指示してきたのだ。女性は不審に思って警察に相談。だまされたふりをして指示に従うと、ほどなくして自宅に男が現れた。男は警視庁の警察官に詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1135文字)

あわせて読みたい

ニュース特集