イベント

ファッションショーでアフリカを表現 東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年1月に東京・六本木で開かれたTokyo Africa Collection=Tokyo Africa Collection提供
今年1月に東京・六本木で開かれたTokyo Africa Collection=Tokyo Africa Collection提供

 アフリカに関心が低い人にも魅力を知ってもらうためのファッションショー「Tokyo Africa Collection」が19日、東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで開かれる。ルワンダ、エチオピア、マダガスカルなど10カ国の魅力をファッションで表現するほか、アフリカ各地域の文化と1960年代~2000年代の東京のトレンドを融合させた演出も。早稲田大学や慶応大学などのミスコンで活躍する学生や、「ViVi」や「non-no」などの人気雑誌で活躍するモデルら22人がステージを彩る。

 「『かわいそう』ではない、かっこいいアフリカを知ってもらいたい」「関心の高い人だけが講演会やイベントに足を運ぶ現状を変えたい」--。アフリカに渡航歴のある学生有志30人が集まり、初めてショーを開催したのが2016年8月。当時、早稲田大で紛争学を学んでおり、今は外資系企業に勤めながらイベントの代表を務める菅生零王さん(25)や、現在、同大5年でタンザニアの子供たちの教育を支援する学生団体を作った稲…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文985文字)

あわせて読みたい

注目の特集