メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

陛下のおことばに保阪氏 30年変わらぬ信念

作家の保阪正康さん=根岸基弘撮影

 天皇陛下は15日、在位中最後となる全国戦没者追悼式でおことばを述べられた。昭和史に詳しく、著書に「明仁天皇と裕仁天皇」などがあるノンフィクション作家、保阪正康さん(78)に感想を聞いた。

 天皇陛下の全国戦没者追悼式でのおことばを聞き、戦争や平和に対する変わらぬ強い信念と次世代に伝え続けなければならないという責任感を改めて感じた。その思いは「過去を顧みる」と「深い反省」の二つのキーワードに凝縮されているように思う。

 陛下は即位後、基本的に昭和天皇が追悼式で述べてきた内容を踏襲してきたが、戦後50年の1995年に「…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです