阿波踊り

どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 15日に閉幕した徳島市の夏の風物詩「阿波踊り」は、有力な踊り手グループ(連)が所属する踊り手団体「阿波おどり振興協会」が、市が中心となって新たに組織した実行委員会の反対を押し切り、恒例の「総踊り」を強行開催する異例の展開となった。巨額の累積赤字の発覚で市が乗り出した改革は、市と踊り手団体の対立を印象づける悪循環に陥っている。いったい、何が起きていたのか。【大坂和也/徳島支局】

この記事は有料記事です。

残り3714文字(全文3904文字)

あわせて読みたい

ニュース特集