メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

アマ本因坊戦 あす開幕 最高峰目指し、東京・市ケ谷で

[PR]

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

    「宇宙流」武宮九段 19日午後、大盤解説会

     アマチュア囲碁の最高峰を目指す「第64回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会」を18、19の両日、東京・市ケ谷の日本棋院会館で開きます。19日午後2時半からは、決勝局の「大盤解説会」を開催。武宮正樹九段による解説で、アマチュアの頂点をかけた熱戦をリアルタイムでお楽しみください。

     大盤解説会の会場は同会館2階の大ホールで、午後2時に開場。決勝局の進行をプロジェクターで映しながら、白熱の勝負を伝えます。

     解説の武宮九段は「宇宙流」と呼ばれる独創的な棋風で知られ、本因坊位通算6期をはじめ名人位などタイトル多数。歌やダンスなど多方面で活躍する人気のトップ棋士です。聞き手は、囲碁インストラクターの稲葉禄子(よしこ)さん。

     入場無料。来場した先着250人に「記念扇子」をプレゼントします。恒例の「次の一手クイズ」もあり、正解者の中から抽選で、武宮九段の著書など賞品が贈られます。ふるってご参加ください。

    全国の強豪が集結 熱戦繰り広げる

     大会は全国47都道府県の大会を勝ち抜いた地区代表55人と、名誉アマ本因坊や女子学生本因坊ら招待選手9人の計64人が出場。「第64期アマチュア本因坊」の称号をかけて、熱戦を繰り広げます。審判長は本因坊1期の趙善津(チョウソンジン)九段です。

     昨年、史上最年少で優勝した埼玉県立春日部高校3年、林隆羽さん(18)をはじめ、今年の学生本因坊戦を制した中京大4年、岡田健斗さん(22)、アマ名人位を獲得した東京理科大1年、栗田佳樹さん(19)ら若手強豪が勢ぞろい。平田博則さん(92)、原田実さん(82)、中園清三さん(67)の「名誉アマ本因坊」3人や、出場32回目となる愛媛県代表の田中正人さん(69)らベテラン勢も健在です。栃木県代表、田口昂征さん(14)ら中学生3人も出場し、幅広い世代が激突します。

     18日は8ブロックに分かれてリーグ戦1~3回戦を行い、各リーグ1位者が8強入り。19日に準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝を実施します。両日とも対局開始は午前9時10分。総互い先で先番6目半コミ出し。持ち時間40分で1手30秒の秒読みつき。

     大会の問い合わせは、日本棋院(事前03・3288・8729、当日03・3288・8840)。


     ■過去10年間の決勝局(敬称略、左が勝ち、△は先番)

    第63回

     林隆羽  4目半 古川元△

     (埼玉)     (青森)

    第62回

    △大関稔  半目 趙錫彬

     (招待)    (愛知)

    第61回

    △芝野龍之介 中押し 林隆羽

    (神奈川)      (埼玉)

    第60回

     洪〓義 12目半 平岡聡△

     (招待)     (東日本)

    第59回

     洪〓義 中押し 佐藤洸矢△

     (大阪)    (静岡)

    第58回

    △平岡聡  2目半 中園清三

     (東京)     (招待)

    第57回

    △中園清三 4目半 平岡聡

     (招待)     (南関東)

    第56回

     柳慎桓  9目半 伊達昌希△

     (東京)     (香川)

    第55回

    △平岡聡  中押し 佐藤洋平

     (招待)     (北海道)

    第54回

    △洪マルグンセム 中押し 坂本修作

     (東京)        (埼玉)


    主催 毎日新聞社、日本棋院/後援 関西棋院/特別協賛 アフラック/協賛 スターツグループ、滝久雄(ぐるなび創業者)


    t.jigyou@mainichi.co.jp

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

    2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

    3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

    4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

    5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです