メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

岩手・大槌町の旧庁舎、解体差し止めを 住民が提訴

 東日本大震災の津波で当時の町長や職員計40人が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎を巡り、震災遺構として十分な検証をせずに解体工事に着手したのは違法として、住民団体代表ら町民2人が17日、平野公三町長を相手取り、解体工事と公金支出の差し止めを求める住民訴訟を盛岡地裁に起こした。

 町民側は6月、解体停止などを求めて住民…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

  3. 大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです