メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/9 生前契約の25年 「最後の準備」のすべて /東京

「利用者からたくさん学ばせてもらいました」と松島さんは振り返る

 平成という時代になって間もなく、東京・巣鴨の寺に「もやいの碑」という合葬式共同墓ができた。地縁・血縁に頼らない、会員制の、今でいう「墓友」でつくる新しい墓のかたちだった。しばらくして、その会員が声を上げる。

 「で、親しい親族もいないひとり暮らしのワタシの遺骨を、どなたが、もやいの碑に入れてくれるの?」

 そうか、家族に代わって単身者を支える仕組みが必要なのだ--。そうして1993年、「りすシステム」(…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです