メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大村市上下水道局

少雨対策本部設置 ダム貯水率低下で /長崎

 大村市上下水道局は16日、少雨対策本部を設置した。少雨の影響で、水道水や農業用水を賄う萱瀬ダムの貯水率が8割を切ったためで、市民に節水を呼びかけている。

 同局によると、萱瀬ダムの貯水率は16日現在で75・2%。7月中旬以降まとまった雨が降っておらず、このまま晴天が続くと、9月5日過ぎに50%を切る…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです