メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行はどこへ

/1 金融参入ネット勢VS3メガ 決済データ争奪戦 アリババ、LINE…プラットフォーマーに存在感

アリペイを使いスマートフォンで人力車の乗車代金を支払う中国人女性客(右)=東京都台東区浅草で2018年8月11日、土屋渓撮影

 観光客でごった返す8月中旬の東京・浅草。目抜き通りには人力車がずらりと並ぶ。「アリペイ(支付宝)、使えるんだ」。中国・上海から訪れた20代の女性は、車夫が首にぶらさげたQRコードをみて声を弾ませた。自らのスマートフォンをQRコードにかざし、「9000円」と入力して支払いを済ませると、軽やかな足取りで人力車に乗り込んだ。

 アリペイは、中国最大の通販サイト「アリババ」の傘下企業が行うスマホ決済サービスだ。現在、全世界で6…

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです