メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
論点

「効率化社会」のあり方

 目的地に乗客を早く、確実に運ぶ新幹線。限られた資源を技術力でカバーし、高度経済成長を遂げた日本の象徴となり、鉄道網の合理化・効率化が進められてきた。だが、地方経済の衰退や在来線の切り捨てなど、東京中心の利便性向上と引き換えに失われたものもある。低成長・人口減時代を迎えた今、効率化社会のあり方は。

「ゆっくり」「おっとり」にも価値 玄侑宗久 作家・福聚寺住職

 日本には長く「両行」という知恵があった。両行とは、古代中国の思想家、荘子の言葉で、矛盾や対立するも…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 以前DVの事実確認も友井が否定「わからなかった」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  3. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」
  4. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  5. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです