メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 イランのロウハニ大統領が7月下旬、獅子の尾をもてあそぶなと米トランプ政権に警告し、イランとの戦いは「すべての戦争の母になる」と語った。心臓に悪い言葉である。

 1991年、湾岸戦争で米軍などと戦ったイラクのフセイン大統領(故人)が、この言葉で兵を鼓舞したからだ。アラビア語のウンム(母)とマアリク(複数の戦闘)を組み合わせて、一般には「すべての戦闘の母」と訳される。

 ロウハニ師の場合は西側通信社が「戦争」と打電した。原語のペルシャ語で「戦争」か「戦闘」かは判然とし…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです