メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 イランのロウハニ大統領が7月下旬、獅子の尾をもてあそぶなと米トランプ政権に警告し、イランとの戦いは「すべての戦争の母になる」と語った。心臓に悪い言葉である。

 1991年、湾岸戦争で米軍などと戦ったイラクのフセイン大統領(故人)が、この言葉で兵を鼓舞したからだ。アラビア語のウンム(母)とマアリク(複数の戦闘)を組み合わせて、一般には「すべての戦闘の母」と訳される。

 ロウハニ師の場合は西側通信社が「戦争」と打電した。原語のペルシャ語で「戦争」か「戦闘」かは判然とし…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです