メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/3 響けウチナーグチ 35歳と21歳、芝居で時代にあらがい

沖縄戦をテーマにウチナーグチで芝居を演じる比嘉座の小禄隆司さん(左)と比嘉陽花座長=沖縄県うるま市の石川歴史民俗資料館で、藤井達也撮影

 伸びやかな「ウチナーグチ」(沖縄の言葉)の声が響いた。7月29日、沖縄県うるま市であった演劇集団「比嘉座」の公演。座長の比嘉陽花(はるか)さん(35)が舞台に立った。

 「わったーや若さるとぅちねー戦世(いくさゆ)やたんやー」(私たちの若いときは戦争の時代だったね)

 比嘉さん演じるおばあが寝ていると、少女だった自分が現れる。沖縄戦の激戦地だった本島南部で、ガマ(壕(ごう))に隠れて戦火を逃れた。

 客席で、おじいが深くうなずく。脇で母親に連れられた少女が、じっと見つめていた。

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです