メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/3 響けウチナーグチ 35歳と21歳、芝居で時代にあらがい

沖縄戦をテーマにウチナーグチで芝居を演じる比嘉座の小禄隆司さん(左)と比嘉陽花座長=沖縄県うるま市の石川歴史民俗資料館で、藤井達也撮影

 伸びやかな「ウチナーグチ」(沖縄の言葉)の声が響いた。7月29日、沖縄県うるま市であった演劇集団「比嘉座」の公演。座長の比嘉陽花(はるか)さん(35)が舞台に立った。

 「わったーや若さるとぅちねー戦世(いくさゆ)やたんやー」(私たちの若いときは戦争の時代だったね)

 比嘉さん演じるおばあが寝ていると、少女だった自分が現れる。沖縄戦の激戦地だった本島南部で、ガマ(壕(ごう))に隠れて戦火を逃れた。

 客席で、おじいが深くうなずく。脇で母親に連れられた少女が、じっと見つめていた。

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです