メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/3 響けウチナーグチ 35歳と21歳、芝居で時代にあらがい

沖縄戦をテーマにウチナーグチで芝居を演じる比嘉座の小禄隆司さん(左)と比嘉陽花座長=沖縄県うるま市の石川歴史民俗資料館で、藤井達也撮影

 伸びやかな「ウチナーグチ」(沖縄の言葉)の声が響いた。7月29日、沖縄県うるま市であった演劇集団「比嘉座」の公演。座長の比嘉陽花(はるか)さん(35)が舞台に立った。

 「わったーや若さるとぅちねー戦世(いくさゆ)やたんやー」(私たちの若いときは戦争の時代だったね)

 比嘉さん演じるおばあが寝ていると、少女だった自分が現れる。沖縄戦の激戦地だった本島南部で、ガマ(壕(ごう))に隠れて戦火を逃れた。

 客席で、おじいが深くうなずく。脇で母親に連れられた少女が、じっと見つめていた。

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです