メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大・宮川選手、復帰を検討 チーム訪れ謝罪

 悪質なタックルがきっかけで今秋のリーグ戦が出場停止となった日本大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)が、チーム復帰を考えていることが16日、チーム関係者への取材で明らかになった。

 日大3年の宮川選手はこの日、チームを訪れ、出場停止処分が科されたことについて部員らに謝罪。状況が許されるならばチーム復帰も考えたいとの意向を伝えたという。

 宮川選手は5月の記者会見で「アメフットを続ける権利はないと思う」として、退部する考えを示していた。だが、同部の選手たちは「可能であれば、再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っている」と復帰を望んでいた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです