メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

水球 日本女子、一丸で白星 戦術批判越え好発進

 【ジャカルタ村上正】ジャカルタ・アジア大会は16日、水球女子のリーグ戦が始まり、日本は開幕戦で地元インドネシアを15-4で降した。大会直前に男子代表監督が女子代表の戦術を批判してチームには動揺が広がっていたが、気持ちを新たに好発進した。

 地元の声援を受けるインドネシアに開始早々にリズムを奪われ、リードを許した。第1ピリオド中盤に追いつくと、泳力で勝る相手に対し、カウンターなどプールを大きく使った攻撃で点差を広げた。試合後、本宮万記弘監督は「実力の差は少しあると思っていた。どうしても初戦で慣れない環境の中、硬さが出た」と振り返った。

 大会前、チームは大きく揺れた。先月16日から行われたアジア大会に向けた強化合宿の期間中、男子代表の…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです