マリ大統領選

決選投票でケイタ氏再選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカ・マリの選挙管理当局は16日、12日に実施した大統領選決選投票の開票結果を発表し、現職のイブラヒム・ブバカル・ケイタ氏(73)が約67%の票を獲得し再選されたと発表した。対立候補のスマイラ・シセ元財務相(68)の得票率は約33%だった。AFP通信によると、投票率…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

あわせて読みたい

ニュース特集