メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

7空港の運営権獲得競争 「地元は戦々恐々」

 2020年度に一括民営化する道内7空港の運営権獲得競争の構図が16日、固まった。地元中心の日本企業連合に対し、日本企業とそれぞれタッグを組み、海外で巨大空港の運営実績を持つ外国勢が挑む。16日までに4組が国に応募したが、9月に3組以下に絞り、来年7月には「優先交渉権者」が決定する。

 今回申し込んだうち、新千歳空港ターミナルビルを運営する北海道空港や日本政策投資銀行などの企業連合には多くの地元企業が参加。地域事情に精通するため、当初は有利と見られていたが、海外有力勢が相次いで参戦したため、「地元は戦々恐々」(関係者)という。

 「外資系」2組は国内空港にすでに参入済み。世界30カ所以上の空港を運営するフランスのバンシ・エアポ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです