連載

「8年越しの花嫁」の難病

毎日新聞デジタルの「「8年越しの花嫁」の難病」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

「8年越しの花嫁」の難病

死亡率7%の壁(1)発症から8カ月後、感染症の末に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年末に公開された映画「8年越しの花嫁」(佐藤健さん、土屋太鳳さん主演)は、結婚式を目前に控えた女性が「抗NMDA受容体脳炎」を患い、長く意識不明が続いたものの克服し、寄り添ってきた婚約者と8年後に結ばれた実話を基に作られた。一定の治療法が確立してきた現在、大半の患者は快方に向かうことが見込まれるようになった。その一方で若くして命を落とす患者もいる。静岡県裾野市の高校生だった望月綾さんは発症から8カ月後、感染症の末に亡くなった。経過をたどると、感染症にかかりやすくしてしまう治療法の特質に加え、効能が期待される薬が国内の多くの病院で使えない事情が浮き彫りになった。死亡率7%――。立ちはだかる壁を破るにはどうすればいいのか。家族や医師の話を中心に問題を考える。(3回連載)【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2310文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集