メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8年越しの花嫁」の難病

死亡率7%の壁(3)娘の死無駄にしない 治療技術発展を願い

 静岡の総合病院に戻った抗NMDA受容体脳炎の患者の望月綾さん(静岡県裾野市、当時高校3年)は2016年10月時点で重篤な状態が続いていた。血液中の炎症反応の程度を示す指標CRPの最大値は45まで跳ね上がった。通常であれば0.3程度だから、いかに深刻であるかが分かるだろう。感染症である肺炎や中耳炎などのほか、さまざまな投薬治療に伴う貧血や肝臓の異常も見られた。医療チームには一刻の猶予も残されていなかった。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り2251文字(全文2461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです