メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道連盟

居合道で昇段不正 八段審査で金銭授受

 全日本剣道連盟は17日、居合道の最上位にあたる八段への昇段審査などで受審者が審査員に現金を渡していたことを明らかにした。受審者が支払う金額は100万円を超えたケースもあり、全剣連は「審査に近接した時期に金銭を授受する不適切な慣行が古くから存在した」などと説明し、不正が横行していたことを認めた。

 居合道は初段から八段までの段位審査のほか、高段者が取得できる「範士」などの称号がある。最高位は八段範士。段位取得者約9万人のうち、現在は49人。

 全剣連によると、2012年に八段範士の審査で八段男性が審査員ら7人に対し、約10万円から20万円ず…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです