メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

警視庁、日大前監督と元コーチ聴取 指示否定

内田正人前監督(右)と井上奨元コーチ=丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした問題で、警視庁が同部の内田正人前監督と井上奨元コーチから任意で事情を聴いたことが17日、捜査関係者への取材で明らかになった。2人は反則行為の指示を否定したという。

 内田前監督と井上元コーチは記者会見などで悪質なタックルをするように指示したことはない、などと主張。警視庁の聴取にも同様の説明をしたとみられる。

 問題となったプレーは5月6日、東京都調布市で開かれた日大と関西学院大の定期戦で起きた。日大選手のタックルによって関学大の選手は負傷し、警視庁調布署に傷害容疑で被害届と告発状を提出していた。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです