メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

警視庁、日大前監督と元コーチ聴取 指示否定

内田正人前監督(右)と井上奨元コーチ=丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした問題で、警視庁が同部の内田正人前監督と井上奨元コーチから任意で事情を聴いたことが17日、捜査関係者への取材で明らかになった。2人は反則行為の指示を否定したという。

 内田前監督と井上元コーチは記者会見などで悪質なタックルをするように指示したことはない、などと主張。警視庁の聴取にも同様の説明をしたとみられる。

 問題となったプレーは5月6日、東京都調布市で開かれた日大と関西学院大の定期戦で起きた。日大選手のタ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです