メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜松

市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

著作権のないアダルト動画を投稿し謝罪する新村和弘市議=浜松市役所で2018年8月16日、奥山智己撮影

 浜松市の新村和弘市議(47)は16日夜、記者会見を開き自身に著作権がないアダルト動画などを動画販売サイトに投稿していたことを明らかにした。インターネット上で誰でも閲覧できる動画100本余りをダウンロードし、投稿。うち約4割が売れ、約10万円相当の利益を得たという。新村市議は辞職願を提出し、受理された。

 新村氏によると、2月から約5カ月間、ネット上の動画を自宅や市役所の議員の部屋などから投稿するなどしていた。市議会が契約している市内の接続業者(プロバイダー)から今月7日、議会事務局に「市議会のネットを通じて動画販売サイトに動画が投稿されている。その動画の著作権を持つ業者から、権利を侵害されていると主張された」などと照会があったという。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです