特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

大阪桐蔭が4年ぶり8強 高岡商降す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高岡商-大阪桐蔭】三回裏大阪桐蔭1死一、二塁、中川が左中間に2点二塁打を放つ(捕手・筏)=阪神甲子園球場で2018年8月16日、猪飼健史撮影
【高岡商-大阪桐蔭】三回裏大阪桐蔭1死一、二塁、中川が左中間に2点二塁打を放つ(捕手・筏)=阪神甲子園球場で2018年8月16日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第12日の16日、阪神甲子園球場で3回戦4試合があった。第4試合は春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が高岡商(富山)を3-1で降して、優勝した2014年以来4年ぶりにベスト8に進んだ。大阪桐蔭は試合後の抽選の結果、大会第14日の準々決勝第1試合で浦和学院(南埼玉)と対戦する。大阪桐蔭は三回に2点を奪い逆転。六回にも追加点を挙げると横川、柿木のリレーで逃げ切った。

○大阪桐蔭(北大阪)3-1高岡商(富山)●(16日・阪神甲子園球場、3回戦)

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文909文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする