メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

水球女子 批判、動揺から「金」目指し再出発

 【ジャカルタ村上正】ジャカルタ・アジア大会は16日、水球女子のリーグ戦が始まり、日本は開幕戦で地元インドネシアを15-4で降した。大会直前に男子代表監督が女子代表の戦術を批判してチームには動揺が広がっていたが、気持ちを新たに好発進した。

 地元の声援を受けるインドネシアに開始早々にリズムを奪われ、リードを許した。第1ピリオド中盤に追いつくと、泳力で勝る相手に対し、カウンターなどプールを大きく使った攻撃で点差を広げた。試合後、本宮万記弘監督は「実力の差は少しあると思っていた。どうしても初戦で慣れない環境の中、硬さが出た」と振り返った。

 大会前、チームは大きく揺れた。先月16日から行われたアジア大会に向けた強化合宿の期間中、男子代表の…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです