メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

突貫開催「分散」で実現 既存施設を活用

 第18回アジア大会は18日に開幕して、インドネシアの首都ジャカルタとスマトラ島南部パレンバンの2都市で競技が行われる。アジア大会史上で初の分散開催となる。資金難を理由に開催を辞退したベトナムのハノイに代わって急きょインドネシアが開催地に名乗りを上げてから4年。ジャカルタから400キロ以上も離れたパレンバンの既存施設を活用して開幕にこぎつけた。

 開幕直前となった1日、パレンバンの主会場となるジャカバリン・スポーツシティー(SC)では改修工事が…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです