連載

ラテンアメリカから

ブラジルを中心に中南米の話題を取り上げます。

連載一覧

ラテンアメリカから

住宅不足が招く深刻な空きビル不法占拠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不法入居ビルが火災で倒壊した現場。当局ががれきを撤去していた=サンパウロで2018年5月4日、山本太一撮影
不法入居ビルが火災で倒壊した現場。当局ががれきを撤去していた=サンパウロで2018年5月4日、山本太一撮影

 南米の最大都市ブラジル・サンパウロ市で、貧困層が老朽化した空きビルに不法入居する問題が深刻化している。5月には約400人が住む高層ビルで火災が起きて倒壊し、7人が死亡した。火災から3カ月たったが、行政の場当たり的な対応が目立つ。

 火災3日後の5月4日、オフィスビルやマンションが並ぶ市中心部の現場を訪ねた。高さ約5メートルのがれきから煙がくすぶり、焦げ臭いにおいが漂う。消防や警察がショベルカーでがれきを撤去し、行方不明者を捜索していた。被災者は近くの教会の敷地に張られたテントで避難生活を送っていた。

 24階建てビルの3階に住んでいたアジウソンさん(48)が取材に応じた。「寝ていたら『バーン』と大きな音がし、跳び起きた」。5月1日午前1時半すぎに出火した火災を振り返った。熱気と煙が迫る中、妻(46)と長男(4)を慌てて起こして逃げ出した。ビルは約1時間半後に倒壊した。5階で電気回線がショートして出火し、耐火性の低い構造のビル全体に燃え広がって倒壊したとみられている。

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1944文字)

あわせて読みたい

注目の特集