メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「アリーサ」、アレサ・フランクリンをストリーミングでしのぶ

 「クイーン・オブ・ソウル」(ソウルの女王)、あるいはアルバムタイトルにもなった「レディ・ソウル」と称された、アメリカの女性歌手、アレサ・フランクリンさん(76)の訃報が、日本には16日深夜に飛び込んできた。

 彼女は飛行機嫌いで日本公演がついに開かれなかったこともあって、なじみが薄い方もいるだろうが、それでも日本のファンは少なくない。カタカナでは「アレサ」と表記されるが、発音からすればこちらが近いので、ここでは彼女を「アリーサ」と呼びたい。

 アリーサは1967年にシングル「リスペクト」が大ヒット。ゴスペルの影響を強く受けた歌声は、「リスペ…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1210文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです