メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「スポル品川大井町」内の屋外人工波プールで披露されたデモンストレーション=東京都品川区で2018年8月10日午後2時1分、竹内紀臣撮影

 プールに人工波をたててサーフィンを楽しむ施設が東京・大井町駅前に今月11日にオープンし、人気を集めている。都市部では初の施設で2020年東京五輪で同競技が追加されたこともあって注目度が高く、週末は数週間先まで予約がいっぱい。初級者や家族連れの姿が目立つという。

 プールは幅9メートル、長さ26メートルで、8種類のスポーツが楽しめる複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」内に設けられた。初心者からプロのトレーニングまでレベルに合わせて波のサイズや水圧が調節可能。水温は年間を通じて25度に保たれ、一年中サーフィンができるのも魅力だ。

 ボードやウエットスーツのレンタルもあり、予約はウェブサイトから。利用は50分あたり6200円で、午前7時~午後11時(日曜は午後9時まで)。【写真・文 竹内紀臣】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです