メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

ザ・フィーバー333 劇的なパンイチ地獄絵

 ただただ最高。これだから、ロックファンはやめられない。こんなにもカッコよくて、こんなにもおバカで、こんなにも誠実なバンドが、ロックが時代からスルーされている2018年に現れるなんて。

 今年のFUJIROCKFESTIVALが日本初ライブの舞台となったザ・フィーバー333は、米ロサンゼルスの3人組。ロックンロールとパンクとヒップホップを掛け合わせたハードエッジな音楽スタイルと、政治的なメッセージ性の強さは、同郷のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと重なり、四半世紀を経てついに正統な継承者の登場かと、いやが上にも期待が高まる。

 ボーカルのジェイソンが黒装束に黒頭巾をかぶり、数々の演説をコラージュしたSE(効果音)が流れるステ…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです