メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大川原の火流し

帆柱を燃やし慰霊 大雨で舟流せず 黒石 /青森

 黒石市の山あいにある大川原地区で、帆柱に火をつけたカヤ舟を引いて急流を下る伝統行事「大川原の火流し」が16日夜、行われた。今年は前日からの大雨で同地区を流れる中野川が増水し、舟子と呼ばれる男衆が川に入れなかったが、川岸で3艘(そう)の帆柱を燃やし、伝統を守った。【藤田晴雄】

芥川賞「送り火」効果は

 大川原の火流しは650年以上前の南北朝時代、落ち延びた南朝方の豪族が戦で亡くなった人々を慰霊するため始めたのが起源とされ、近年は帆柱の燃え具合で翌年の稲の豊凶を占う行事としても定着している。

 この日は、開始時刻の午後7時前に雨がやんだが、大川原火流し保存会などが川に入るのは危険と判断。例年…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文821文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです