メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8年目の被災地

解体差し止め住民訴訟 大槌旧庁舎「現物あってこそ」 /岩手

 東日本大震災の津波で多数が犠牲となった大槌町の旧役場庁舎を巡り、震災遺構として十分な検証をせずに解体工事に着手したのは違法と、住民団体代表らが17日、平野公三町長を相手取り、解体工事と公金支出の差し止めを求めて起こした住民訴訟。旧庁舎問題は、仮処分手続きの取り下げなどを経て、議論の場を再び法廷に移すことになった。

 原告は住民団体「おおづちの未来と命を考える会」の高橋英悟代表(46)ら町民2人。弁護団によると、震…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文590文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです