メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8年目の被災地

解体差し止め住民訴訟 大槌旧庁舎「現物あってこそ」 /岩手

 東日本大震災の津波で多数が犠牲となった大槌町の旧役場庁舎を巡り、震災遺構として十分な検証をせずに解体工事に着手したのは違法と、住民団体代表らが17日、平野公三町長を相手取り、解体工事と公金支出の差し止めを求めて起こした住民訴訟。旧庁舎問題は、仮処分手続きの取り下げなどを経て、議論の場を再び法廷に移すことになった。

 原告は住民団体「おおづちの未来と命を考える会」の高橋英悟代表(46)ら町民2人。弁護団によると、震災遺構の保存を求める訴訟は全国で初めて。盛岡地裁に同日訴状を提出後、高橋代表は弁護士2人と共に県庁で記者会見を開いた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです