メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地の愛媛・西予で復旧に汗、石巻と女川で震災の伝承活動する学生2人 交流で支援方法など学ぶ /宮城

 東日本大震災の経験を未来へ語り継ぐ活動に取り組む「大川伝承の会」の永沼悠斗さん(23)=石巻市出身=と「女川1000年後の命を守る会」の鈴木元哉さん(19)=女川町出身=の大学生2人が、西日本豪雨の被災地・愛媛県西予市で復旧支援に汗を流した。現地で被災者や支援団体と交流して求められる支援や課題を見聞きし、手応えをつかんで帰ってきた。19日午後に報告会を開く。【百武信幸】

 2人は、震災伝承に取り組む団体による広域連携組織「3・11メモリアルネットワーク」の「若者班」として活動している。ともに県外の被災地支援は初めてで、7日深夜、乗用車で出発。11日に宮城に戻る過密日程ながら、現地での約2日間、一般社団法人「OPEN JAPAN」(石巻市)の復旧ボランティアに加わり、災害がれきの分別や住宅の床下にたまった泥のかき出し作業に励んだ。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです