メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳
平和を伝える

表現者の反戦/4 痛み知らぬ世代、継承細って危機感 朗読、心に直接訴え /和歌山

本番に向けて朗読の指導をする福山ひでみさん(左)=和歌山市本町2のフォルテワジマで、黒川晋史撮影

 「ぼく、戦争せんけえね ぼく、おとなになっても戦争せんよ ほんとよ」。今月8日、和歌山市の複合施設「フォルテワジマ」の一室。高齢女性が小学生に被爆体験を語るスタイルで書かれた絵本「いわたくんちのおばあちゃん」の一節が、情感豊かに読み上げられた。市内の朗読グループ「イーマ」のメンバー約10人が、平和をテーマにした「第6回 明日をつむぐ朗読会」を26日に控え、稽古(けいこ)に励んでいた。

 イーマを主宰するのは、朗読家でナレーターの福山ひでみ(本名・秀見)さん(61)=岩出市。和歌山市で…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「就職氷河期世代」とは

  3. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです