メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに働く

障害者就労支援/4止 一般企業志向も離職増 職場定着事業、採算合わず /鳥取

障害者の就職支援や離職防止について話し合う鳥取県の担当者や支援団体関係者ら=同県庁で、小野まなみ撮影

 民間会社に義務づけられる障害者の雇用率(法定雇用率)が今年度引き上げられ、県内では、一部除外があるものの対象企業は71社増加した。鳥取労働局によると2017年度、県内のハローワークを通じて一般企業に就職した障害者は659人。15年連続で過去最高を更新した。ただ、この数字は“頭打ち”だという見方もある。

 県は今年度末までの目標に「障害者新規雇用1000人創出」を掲げている。企業見学の支援事業を予算化し…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです