メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

直前に災害協定 エブリイHD、ぶっつけ対応 食料支援に町「感謝」 神石高原 /広島

エブリイHDから届けられた水や食品が入った段ボール箱を町役場に運び込む広島県神石高原町の森重純也副町長(左端)ら=2018年7月7日、同町提供

 神石高原町は西日本豪雨に見舞われた直後の7月7日、食品スーパーなどを傘下に持つエブリイホーミイホールディングス(エブリイHD、福山市南蔵王町1)から避難者用の食品や飲料水の提供を受けた。災害などに関する連携協力締結からわずか11日後のことで、まさかの「ぶっつけ本番」に。町は「ぎりぎりの状態だったが、エブリイに最大限の支援をしてもらい助かった」と胸をなでおろしている。

 町とエブリイHDは6月26日、農産物を専用トラック「神石高原まるごと便」で福山市内の2店舗に出荷、…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです