メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

列車機械音、響き深刻 近隣住民ら訴え 高松運転所 /香川

 高松市西町のJR四国高松運転所近くに建つマンションの住民らが、運転所から出る列車の機械音に悩まされている。この春のダイヤ改正で停車するようになった車両から、エアコンなどの作動音が響くのだという。体調不良を訴える人もおり、市やマンションの管理会社を通じてJR四国に対応を求めた。【小川和久】

 JR四国によると、これまで夜間に限って置かれていた「いしづち」や「特急ミッドナイトエクスプレス高松」などに使用される8000系が、3月のダイヤ改正で日中に停車するようになった。

 気温の上昇に伴い5月下旬から、清掃にあたる作業員の健康確保や、発車前の車両内の温度を下げる目的でエアコンを作動させることに。電動モーターも起動する必要があり、音が周囲に響くようになった。マンション付近で住民が計測した音量は最大72・8デシベル。騒音規制法に基づく高松市の基準では、工業専用地域の「第4種区域」の昼間の規制値(70デシベル)並みだった。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです