メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

養殖真珠、先見えず 貝に泥「開くまで分からない」 宇和島 /愛媛

「玉入れ」前の貝をカゴに詰める二宮さん夫婦=愛媛県宇和島市吉田町白浦で、遠藤龍撮影

 甚大な被害が出た西日本豪雨から1カ月以上経過した今も、宇和島市の真珠養殖業者は「見えない被害」に不安を募らせている。養殖真珠の生産量が全国の約4割を占める愛媛県。その大半を生産する同市では、無数の土砂崩れで11人が犠牲になり、養殖いかだが浮かぶ宇和海に濁流が流れ込んだ。【遠藤龍】

 被災直後、多くの貝が泥をかぶった。「洗浄したが、今でも貝を入れたネットを海からあげてみると泥が付着している」。父の代から約50年、同市吉田町白浦で真珠の養殖を続ける二宮慎哉さん(53)は嘆く。約13万個の真珠貝を育てている二宮さん。海中を漂う土…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです