メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

養殖真珠、先見えず 貝に泥「開くまで分からない」 宇和島 /愛媛

「玉入れ」前の貝をカゴに詰める二宮さん夫婦=愛媛県宇和島市吉田町白浦で、遠藤龍撮影

 甚大な被害が出た西日本豪雨から1カ月以上経過した今も、宇和島市の真珠養殖業者は「見えない被害」に不安を募らせている。養殖真珠の生産量が全国の約4割を占める愛媛県。その大半を生産する同市では、無数の土砂崩れで11人が犠牲になり、養殖いかだが浮かぶ宇和海に濁流が流れ込んだ。【遠藤龍】

 被災直後、多くの貝が泥をかぶった。「洗浄したが、今でも貝を入れたネットを海からあげてみると泥が付着している」。父の代から約50年、同市吉田町白浦で真珠の養殖を続ける二宮慎哉さん(53)は嘆く。約13万個の真珠貝を育てている二宮さん。海中を漂う土…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 健康格差 糖尿病は「自己責任」なのか 麻生財務相発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです