メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ソ連赤軍に所属しながら駐日ドイツ大使館顧問を務めていたリヒャルト・ゾルゲが、ソ連に日本の機密情報を流したスパイ容疑で逮捕された事件。首相を務めた近衛文麿のブレーンで、元朝日新聞記者でもあった尾崎秀実(ほつみ)らの協力を得た。ゾルゲらの逮捕は1941年10月、厳しい報道統制が敷かれ発表は42年5月。…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです