メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

アジア大会、五輪へ思惑 インドネシア、招致見据え国力誇示

ジャカルタ市中心部に設置された開幕までのカウントダウンボード。右奥は独立記念日を祝福しバイクなどで走る市民ら=17日、宮間俊樹撮影

 アジア最大のスポーツの祭典、第18回アジア大会は18日、インドネシアの首都ジャカルタで開会式が行われる。大会開催による経済効果を期待するインドネシアは今大会の成功を足がかりに、将来的な五輪招致を見据える。2020年東京五輪を控える日本選手団は各競技団体でアジア大会への取り組みが異なるため、具体的な目標を掲げていない。【ジャカルタ小林悠太、倉沢仁志】

 「これからの五輪はアジアの新興国やアフリカに開催のチャンスがある。五輪を開催すれば政治や経済も変わ…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです