メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

アジア大会、五輪へ思惑 インドネシア、招致見据え国力誇示

ジャカルタ市中心部に設置された開幕までのカウントダウンボード。右奥は独立記念日を祝福しバイクなどで走る市民ら=17日、宮間俊樹撮影

 アジア最大のスポーツの祭典、第18回アジア大会は18日、インドネシアの首都ジャカルタで開会式が行われる。大会開催による経済効果を期待するインドネシアは今大会の成功を足がかりに、将来的な五輪招致を見据える。2020年東京五輪を控える日本選手団は各競技団体でアジア大会への取り組みが異なるため、具体的な目標を掲げていない。【ジャカルタ小林悠太、倉沢仁志】

 「これからの五輪はアジアの新興国やアフリカに開催のチャンスがある。五輪を開催すれば政治や経済も変わ…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです