メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

語るべき戦争の「もう一面」=保阪正康

上から、大本営発表(1942年の南方作戦時)、激戦地ガダルカナル島(42年)、同島からの「無言の帰郷」(43年)

戦死者の実像直視を

 太平洋戦争の終結から73年を迎えた。この戦争についてこれまでの間、大まかなことは語られてきた。なぜ対米英オランダ戦争にいたったか、日本の軍事指導者たちの戦略はいかなるものだったか、果てはこの戦争の性格はどのようなものか、などは諸説を交えながら語られてきた。しかし、このような論議それ自体は「戦争を語る」ことになっても、戦争のもう一面を語ったことにはならない。

 ここでいう「もう一面」とは、兵士たちが戦場でどのような戦いを余儀なくされたか、そしてどのように戦死…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2125文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです