メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

語るべき戦争の「もう一面」=保阪正康

上から、大本営発表(1942年の南方作戦時)、激戦地ガダルカナル島(42年)、同島からの「無言の帰郷」(43年)

戦死者の実像直視を

 太平洋戦争の終結から73年を迎えた。この戦争についてこれまでの間、大まかなことは語られてきた。なぜ対米英オランダ戦争にいたったか、日本の軍事指導者たちの戦略はいかなるものだったか、果てはこの戦争の性格はどのようなものか、などは諸説を交えながら語られてきた。しかし、このような論議それ自体は「戦争を語る」ことになっても、戦争のもう一面を語ったことにはならない。

 ここでいう「もう一面」とは、兵士たちが戦場でどのような戦いを余儀なくされたか、そしてどのように戦死…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2125文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです