メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

重度障害者の「生産性」とは=論説委員・野沢和弘

 近松門左衛門の生涯を描いた「埋(うず)み火」という小説のあとがきで、作者の杉本苑子さんはこう述べる。「魂の奥底で木枯(こがら)しの音を聞く」ような作風は、近松が知的障害の子と共に昇華をとげ、浄瑠璃となって結晶したからだという。

 20年以上前、大江健三郎氏の講演でも聞いた。創作活動に行き詰まっていたころ生まれた障害児が作家としての自分に新たな息吹をもたらしてくれた、と。

 弁護士や官僚、政治家、経済人の中にもそのような実体験を持つ人が多い。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです