メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソン

イムラン・カーン氏(65)=パキスタンの新首相に指名された

 「政界入りした時から『何も分かっていない』と笑われ続けてきた。だが、リーダーに大切なのは夢をあきらめないことだ。負けたと自分が認めるまでは負けではない」

 2013年に母校・英オックスフォード大の弁論部に招かれ、クリケットの「闘将」らしくリーダー論について熱弁をふるった。1996年にパキスタン正義運動(PTI)を創設して22年で悲願の「夢」にたどりついた。

 東部ラホールでパシュトゥン人の裕福な家系に生まれ、同大で哲学や政治学を学んだ。クリケットは少年時代から始め、70年代からパキスタン代表で約20年間プレー。92年のワールドカップでは主将としてチームをけん引し、インドや英国を破って初優勝に導いた。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 「グリー」出演女優の遺体を発見 米西部の湖で不明に 乗っていたボートには息子だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです