メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行はどこへ

/2 「お堅い」文化、変わるか IT企業参入に危機感

仕事研究イベントに参加する学生たち=さいたま市で7月、竹下理子撮影

 「役員が読み飛ばすような資料を何十時間もかけて作っていた。面白くなかった」。東京都内のコンサルタント会社で働く30代男性は、約10年間の大手銀行時代を振り返る。有名国立大を卒業後「企業を育て、世の中の役に立ちたい」と入行したが、仕事の大半は、次世代システムの報告書作成などの事務作業。安定をなげうって2年前に転職したことに、後悔はない。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです