メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

少女夢中、オルチャンメーク

店頭で韓国コスメを試す中学生たち=東京都渋谷区のエチュードハウス原宿・竹下通り本店で、斎藤義彦撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 化粧をしている10代の女の子が目立つようになった。専門家や業界関係者に聞くと、美容先進国・韓国へのあこがれや、お手ごろ価格を意味する「プチプラ」コスメの普及が影響しているという。ティーンのメーク事情を探った。

 「土日と特別な日にメークしてる。リップとティントを持ってるよ。クラスでメークしてるのは3人ぐらいかな。はやってるのは韓国コスメ」。こう話す関西圏の小6女子(11)は、韓国のK-POPアイドルの大ファン。ファッション、メークも彼女らがお手本で、唇を染める「ティント」は韓国コスメの定番だ。

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです