特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-佐藤康光九段 第6局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

具体的には大変

 形勢を損じ逆転の糸口を探る佐藤の残り時間がみるみる減っていく。そのため消費時間の差が大きく広がった。図の局面で残りが12分という佐藤に対し、広瀬はまだ2時間半以上も残している状況である。

 図から[後]5四飛と浮き[先]4八金[後]2四飛という変化が感想戦で検討陣から尋ねられたが、「こちらから見るとやる気がしない順ですね。若いころならこうやって辛抱したかもしれませんけど……」と佐藤。

 模様がいい先手だが、広瀬も「局面を具体的に優勢に持っていくのはそれなりに大変かなと思っていました」と言う。途中図の局面で「当初は[先]6一銀と打つつもりだったのですが、[後]5四飛[先]7二銀成[後]同銀[先]6八金右[後]3四飛の局面が意外に大変です。本譜は予定変更で、[先]3三歩成を何が何でも間に合わせる方針に切り替えることができたのがよかったように思います」というのが後日の広瀬の感想だ。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文700文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集