メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/4 南洋から我が子へ 30歳、兵士の無念たどり映画に

マーシャルで没した佐藤冨五郎さんが戦前、バスの運転手をしていた周辺を散策する息子の勉さん(右)と大川史織さん=東京都豊島区で長谷川直亮撮影

 73年前に書かれた鉛筆の字はかすれていた。4500キロ離れた南洋のマーシャル諸島に出征した男性が、命を落とす数時間前まで書き付けた日記。大切な形見を家族から預かった東京都の大川史織さん(30)は、撮影した字をスマホの画面上で拡大しながら解読を続け、何度も男性の思いに触れた。「家族に会いたかったよね」。いつしか心の中で話しかけるようになった。

 大川さんは高校生の時、アメリカの核実験で被ばくしたビキニ環礁があるマーシャル諸島の存在をインターネットで知った。思い切って訪れた現地で耳にしたのは日本語の歌だ。「コイシイワ アナタワ イナイトワタシ サビシイワ」と女性たちが笑顔で歌っていた。「なんで私、知らなかったのだろう」。戦時中に日本が統治し、米国と戦った場所だった。

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  5. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです