メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/4 南洋から我が子へ 30歳、兵士の無念たどり映画に

マーシャルで没した佐藤冨五郎さんが戦前、バスの運転手をしていた周辺を散策する息子の勉さん(右)と大川史織さん=東京都豊島区で長谷川直亮撮影

 73年前に書かれた鉛筆の字はかすれていた。4500キロ離れた南洋のマーシャル諸島に出征した男性が、命を落とす数時間前まで書き付けた日記。大切な形見を家族から預かった東京都の大川史織さん(30)は、撮影した字をスマホの画面上で拡大しながら解読を続け、何度も男性の思いに触れた。「家族に会いたかったよね」。いつしか心の中で話しかけるようになった。

 大川さんは高校生の時、アメリカの核実験で被ばくしたビキニ環礁があるマーシャル諸島の存在をインターネ…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです