メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西郷どん

第31回「龍馬との約束」 吉之助と龍馬がタッグ? 犬猿の薩長を結びつけようと……

NHKの大河ドラマ「西郷どん」第31回の一場面 (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第31回「龍馬との約束」が19日放送される(NHK総合で午後8時ほか)。岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)との出会いを経て、倒幕への思いを強くする吉之助(鈴木さん)の元を、坂本龍馬(小栗旬さん)が訪ねてくる。土佐を脱藩し、海軍操練所も廃止され、帰る場所の無い龍馬を吉之助は薩摩に連れ帰り……。

 雨漏りする西郷家に驚き、清貧を貫く吉之助にほれ直す龍馬。慶喜(松田翔太さん)が再び長州征伐を企てる中、吉之助は薩摩の国父・島津久光(青木崇高さん)と龍馬を引き合わせる。既に幕府を見限り、長州は朝敵ではなく倒幕のため共闘すべき相手だと考え始めていた吉之助に、龍馬は「自分なら犬猿の仲の両藩の手を結ばせることができる」と告げると早速、長州の桂小五郎(玉山鉄二さん)に接触する。

 「西郷どん」は、明治維新150年記念放送の大河ドラマ57作目。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿にカリスマ藩主・島津斉彬が目を留める。斉彬の密命を帯び、西郷は江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。

 第30回「怪人 岩倉具視」は、倒幕に向けて動き出した吉之助が、閉居中の岩倉具視と対面する。岩倉は夜中にゴソゴソと動き回り、金づるを探すことから「ヤモリ」と呼ばれている不気味な男。しかし、吉之助は岩倉の新しい国造りの考え方に共感し、力を貸してほしいと頼む。そんな時、吉之助は岩倉が家で開いていた賭場で、長州の桂小五郎と偶然、再会するが……という展開だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです