メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秘仏

33年ぶりご開帳 新潟・南魚沼

33年ぶりに収蔵庫から姿を現し、観音堂に運ばれる観音像=新潟県南魚沼市君帰、君帰観音堂で17日、板鼻幸雄撮影

 新潟県南魚沼市君帰(きみがえり)の同県指定文化財「君帰観音」が17日、ご開帳された。前回1985年から33年ぶりで、訪れた人々はこうべを垂れ、手を合わせた。

 観音像は安置されている収蔵庫から総代ら5人の手で観音堂に運び込まれた。境内中央の参道には杉材で作った高さ約3メートルの角塔婆(かくとうば)が建てられ、観音像の右手と長い糸で結ばれた。この角塔…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです